スタッフブログ

わんワンWON

PanasonicリフォームClub鎌倉 プランナーの原田明美でございます。

今、PanasonicリフォームClub鎌倉のマイブームは、ずばり!ワンちゃんでしょう

この空前の猫ブームの今、あえて?実は、私たちスタッフは全員!
試験に合格した愛犬家住宅コーディネーターなのでございます。

では、愛犬家住宅コーディネーターってどんな資格なの?と思われるほとんどの方へ

犬の先祖はオオカミだってご存知でしたか?
マルチーズのマルコもオオカミの末裔なのですって!

老舗のワンコはごくわずか、人間がワンコを改良?して、
新進気鋭のNEWトレンドワンコを続々と作り出して来たのです。

畜産業をお手伝いする牧畜犬や牧羊犬、警備や救助をお手伝いする使役犬、
さまざまな狩猟をお手伝いする獣猟犬、そしていわゆる愛玩犬などなど。

吠えなくしたり、小さくしたり、足を短くしたり、断耳したり断尾したり・・・
確かに人間に都合がいいように変えて来たことは否めません。

でもそれは、他の種族ともグループになれるというワンコ族だけの特長を活かし、
また人と生きることでワンコ自身も生活の心配をしなくても良くなり、
共に生きることをお互いの喜びに思える間柄、つまり家族になっていくための
プロセスだったのではないかと私は思うのですよ。

試験のお勉強中に印象的だったのは、シベリアンハスキーの件り。

20年以上前の大流行当時は「バカ犬の代表」とまで言われましたが、そもそもは、
原産国の雪深いロシアで、そりを牽くための使役犬として作られた犬なのだそうです。
そりをグイグイ牽いて走るために、体も大きく力強く、もちろん主人以外の指示には従わない、
急に飛び出してきた小動物なんぞにも全く動じない、ストイックな働き者として作られた、
誇り高いワンコなのです。

誰にでも愛想が良くない、迷子になってしまうほど真っツグ走って行くのは、
バカなのではなく、むしろシベリアンハスキー的にはとっても優秀なのですって!

道に迷ってしまった彼らが野犬化して群れを作り、問題になったこともありましたね。
私、講義中にそっと涙を拭いましたよ~


ワンコは元々オオカミでしたが、今は人間の家族になったのです。

その新しい家族と、健やかに、安全に暮らせる住まいをご提案するのが、
私たち愛犬家住宅コーディネーターのミッションなのでございます。

ワンちゃんを飼われていらっしゃる方も、これから計画されていらっしゃる方も
どうぞよろしくお願い申し上げます。

当店には残念ながら本物のワンちゃんはいないのですが、
バセットハウンドのぬいぐるみが、看板犬?としてお待ちしていますよ^^;
ぜひお立ち寄りくださいませ~

IMG_0198 (002)

                     愛犬家住宅コーディネーターの原田明美でした。

 

 

ページトップへ戻る