施工例紹介

優しく快適な入浴を

既存は建屋独立の在来工法で、外部への出入り口や大きな窓面がそのまま外の冷気を運んでくる造りであった浴室を、
独居高齢のお母様を案じての、ご子息からのリフォーム依頼でしたので、暖かさと転倒防止を重点に商品をご提案致しました。
少し足腰に不安も感じられているご様子でしたので、床にクッション性があり、魔法瓶浴槽、ほっからり床が標準装備
としてあるTOTOのサザナに、床壁天井を包み込む断熱材パックをプラスしてご提案致しました。
さらに大きかった窓のサイズを小さくし、外気の影響を少なくする配慮をしました。
開口部が小さくなったため、対策として既存浴室にはなかった換気扇を設けました。

入り口から洗い場までは【つたい歩き用】の手すりを設置。
シャワーフックスライドバーは、洗い場からの入浴時用手すり兼用。
浴槽の中にもハンドグリップで滑った時などに、つかまれるよう設置。

AFTER


在来工法のバランス釜の浴室を撤去解体し、ユニットバスを組み立てました。

BEFORE


またぎの高さが60センチもあり、足をあげるのが大変でした。

AFTER


脱衣室側、木製のガラス入り引き違いで重かった戸も、ガラスではなく型板スチレン入りの片引きアルミサッシュ戸に変更になりましたので、動きも軽く安心してお使いいただけるようになりました。
ユーザー様のご要望でブローバス付浴槽を導入しました。

BEFORE


手すりもなく、すべりやすいタイルは、足元がいつも不安でした。
隙間風も多く、冬場はとても寒い浴室でした。

AFTER


杉板鎧張り外壁は、なるべく既存外観の印象を損なわないような色味と折による板金補修を行いました。
もともとクラックが入っていた、ブロックにより腰壁部分はファイバーテープによる補修の上、モルタルで仕上げました。

BEFORE


施工例紹介TOP
ページトップへ戻る