施工例紹介

潮風を感じられる憩いの空間(LDK編)

全体を落ち着いた雰囲気の、リゾートっぽい空間になさりたいとのご要望でしたので、
色調と照明計画を含めて、付加価値の感じられるデザインを提案しました。
特に空間の中央にある大きな梁、壁面の梁を気にされていたので、
他に視点を移す事で、それらの圧迫感を感じさせないように演出しました。
全体を通じて、機能性クロスを多く使用することにより、上質感のある豊かな空間となりました。
お客様が仕様選定や、照明器具選定にも積極的に参加してくださり、お客様と共通認識のもとご提案できたリフォームになったと思います。

当初壁面いっぱいのキュビオスと、上下セパレートの壁面キュビオスの2パターンを提案しておりましたが、
お客様が真空管アンプをお持ちであるとの事でしたので、それでしたらば生活の一部であるそのものが、
ディスプレイとして映えるようにと、壁面全体を機能性且つディスプレイ要素をもった棚、
[キュビオス]でご提案したのですが、お客様は壁面いっぱいの収納に対し、圧迫感を懸念されておりました。
その懸念を解消する為、上部に間接照明を設置し、梁下や天井が明るくなるように計画をした為、
廊下からLDKに足を踏み入れた一歩目の印象が、迫力の壁面収納というよりも、
落ち着いた柔らかさが目に入るように変貌しました。

【葉山町  N様邸】

AFTER


LD に対して閉鎖的な間取りであったキッチンを、
吊戸棚を撤去し、手元のみを隠すオープンキッチンに変更。
味気ない風合いだったLD に、リゾート風というテーマ性をもってカラーコーディネート。
リフォーム前は各部屋無機質な印象でしたが、個性溢れる印象に変貌。

BEFORE


リビングから視野に入るダイニングとキッチン。
キッチンは閉鎖的で圧迫感があり、
ダイニングはキッチンの暗さをひっぱる為、
暗く狭いイメージになっていた。

AFTER


LDに対して閉鎖的な間取りであったキッチンの吊戸棚を撤去し、
手元のみを隠すオープンキッチンに変更しました。
キッチンの腰壁部分を、LDK造作家具の扉と同柄のチェリーを用いることで、
空間全体に調和を生み出しました。
独立していたキッチンが、LDK空間としての一体感と広がりをもたらしました。
キッチン選びの際には、空間がオープンになったこ事もあり、
油煙の広がりが少ないIHコンロをおすすめし、
キッチン正面の壁埋込コンセントがなくなってしまう代わりとして、
ラクシーナをご提案することにより、キッチンのフロントに、
パナソニックならではの防水コンセントを設けることが出来、
利便性を変えることなく生活できるご提案となりました。
オープンキッチンにすると、吊戸棚がなくなるため収納量が減ったり、
見せたくないものが見えたりしてしまいますが、
既存キッチンより少々サイズを小さくし、コンロ横にダストスペースを設けました。
柱型の位置をうまく利用したので、キッチンにゴミ箱があるようには、
見えない造りにすることが出来ました。
既存キッチン及び背面収納撤去処分。壁天井ビニルクロス張替え。照明器具変更。

BEFORE


ダイニングに面して開口部はあるものの、閉鎖的な空間であった。

AFTER


LDK中央にある既存棚の経年劣化が気になり、撤去予定でしたがその部分に床仕上げがなく、
フローリングの張替をしない今回のリフォームでは、残すよりほか方法がない状況でしたが、
そのまま残すにはリフォーム後の空間を損ねてしまう為何か方法はないかと考えた結果、
その物の用途自体を生まれ変わらせてしまおうと考えました。
まずは棚板を撤去し上から塗装を施し、壁面がアクセントとなるよう、エコカラットを張り、
間接照明を設置する事で、その存在が壁面をアーティスティックに演出するようご提案しました。
撤去したいと思われたくたびれた印象の棚が、暮らしの中心である空間のアクセントとして、
上手に変貌を遂げたと思います。

BEFORE


居室の中央に位置し、
リビング扉を開けた正面にあるにもかかわらず、
経年劣化により棚板はたわみ、くたびれた印象
が第一印象として目に入っていた。
日焼けによって、色はくすんでいた。

施工例紹介TOP
ページトップへ戻る